ダイエットでリバウンドしないための正しい痩せ方

ダイエットをする時にリバウンドを起こさないようにするには、停滞期の仕組みを把握することです。

頑張ってダイエットをして、何とか体重を減らすことができた場合でも、リバウンドをすれば体重は増えてしまうものです。

ダイエットの後でリバウンドするという事象を繰り返しているとて、ダイエットが思うようには進みません。

リバウンドしてしまう原因として、ダイエットのストレスから食べ過ぎてしまい、太ってしまうというものがあります。

心身への負荷が大きいダイエットをしていると、精神的にも、肉体的にも継続が困難になってしまいますので、何とかしてダイエットを続けることが大事です。

また、ダイエットを続けていると最初は体重が順調に減っていきますが、多くの場合において途中で停滞期がやってきます。

しばらく食事の量を減らしていると、人間の体は外部に異変が起きたと解釈して、摂取できるカロリーはできるだけ体内に蓄え込み、現時点での体脂肪ができるだけ減らないように代謝を低く抑えてしまいます。

停滞期にダイエットがうまくいかないことにがっかりしてしまい、ストレスがたまりすぎて食べ過ぎ、リバウンドしてしまう人もいます。

レプチンというホルモンは、脂肪分が体の中に取り込まれると活動するようになり、お腹かいっぱいだと感じさせることができます。

ダイエット中には、脂肪の吸収が減少するため、レプチンの分泌量も減少し、空腹の一因となってしまいます。

食事の量を大幅に減らしていると、停滞期がきて体重の減りが鈍化した時にやる気が維持できなくなって、カロリーオーバーすることがあります。

リバウンドしないダイエット方法として有効なのは、減量とする目標の体重を1ヶ月に5パーセント以内に定めて、無理なダイエットを行わないことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク