ダイエット成功のためにはカロリー制限が必要なのか

ダイエットを頑張っている人の多くは、運動をしたり、摂取カロリーを減らしたりしています。

ダイエットの手法はバリエーションがとても豊かになりましたが、適切なダイエットをしなければ具合を悪くすることもあります。

カロリーの消費量を増やし、摂取量を抑えて、ちょうどいいつり合いにすることが、ダイエットの鍵を握ります。

理屈の上では、運動や生命維持に必要なカロリーが、食事などで得るカロリーより多ければ、ダイエット効果があります。

つまり、特に食事の量を減らさずとも、消費カロリーのほうが多くなるように運動をたくさんすれば、結果的にダイエットができます。

自分の体質や性格に合致するダイエットをすることで、長期的にストレスなく実践することが可能になります。

一日の運動量を増やし、たくさんのカロリーを使ってしまうことで、ダイエットができます。

ダイエットの効果が得やすい体質になるには、無酸素運動をして筋肉量を増やし、脂肪を消費する部分を増やすことです。

もしも、運動はできるだけせずに体重を減らしたいと考えているなら、カロリー量を制限するしか方法はありません。

しかし、カロリー摂取量を制限するために、絶食すれすれの食事制限をすると、逆に食欲が高まり、リバウンドの原因にもなります。

短期間で休息な減量は体によくありませんので、食事を減らす場合でも、段階的に量を制限していくようにしましょう。

ダイエットを始めてすぐに挫折してしまわないように、無理なくできるダイエット方法を選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク