サプリメントで摂取するカプサイシンの注意点

ダイエットや健康といった理由で注目を集めている成分の中にカプサイシンがあります。

カプサイシンは、酵素や食物繊維系のサプリメントと共に人気が高まっている成分です。

唐辛子に含まれている刺激的な辛さはカプサイシンによるものであり、神経に刺激を加える性質があります。

カプサイシンを摂取すると血行が良くなるため、体温が上昇する、新陳代謝が向上するなどの効能があります。

夏は、暑さでバテて食欲がわかないこともあり、そういう時には食欲増進効果のあるカプサイシンを含む唐辛子が活躍します。

代謝が良くなることで脂肪が燃焼しやすくなることから、運動をする際に一緒に摂取することで体重を減らしやすくするという効果が期待できます。

カプサイシンを摂取するだけで痩せるというわけではありませんが、ダイエット効果を向上させることができます。

カプサイシンのダイエット効果が注目される中で、最近ではサプリメントとして販売されていることが多いのも事実です。

サプリメントを摂取する時は、ダイエットや健康に活かせる反面、体によくない効果が出ることもありますので、用心しましょう。

実は有毒性の物質であるため、適量であれば問題はありませんが、過剰摂取するとアドレナリンが放出され脳細胞にダメージを与えることもあります。

脳細胞に負担がかかって鬱や精神障害の症状が出るようになったり、胃腸に負担をかけすぎて消化器系を傷めてしまうこともあります。

カプサイシンのサプリメントを利用する時には、ダイエットのためとはいえ、無闇に摂取しすぎないように気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク