ブルーベリーサプリメントの気になる副作用について

目の健康を促進し、かすみ目や、つかれ目に対して有効であることから、ブルーベリーサプリメントはとても人気があります。

ブルーベリーが目によいのは、アントシアニンの働きによると言われています。

たんぱく質に分類されるロドプシンが再合成されやすくするために、アントシアニンは効果を発揮します。

目の中に映った景色を、脳へと到達させる役目を、ロドプシンは有しています。

従って、ロドプシンが少なくなると物がよく見えなくなったり、何かを見る時に目の疲れを感じるようになってしまうのです。

ロドプシンの再合成を助ける成分を含んだブルーベリーサプリメントは、目に対する効果が期待できると言うわけです。

サプリメントは薬と違って食品ですし、ブルーベリーは昔から食べられていたものですので、問題が起こることはほぼありません。

サプリメント服用時の副作用については、ブルーベリーに関しては、心配は無用だと言われています。

けれども、ブルーベリーサプリメントには、アントシアニンの他、目の粘膜にいいビタミンAも多いため、留意点があります。

妊娠しているかもしれないという人は、ビタミンAを摂り過ぎないように、十分に配慮が必要になります。

妊娠している女性は、ビタミンAの摂り過ぎを防ぐため、ブルーベリーのサプリメントは使わない方がいいでしょう。

人気のブルーベリーサプリメントですが、多少の得手不得手があるので、よく理解して、効率よく利用していただきたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク