酵素の働きを利用したサプリメント

最近は、酵素の重要性が知られるようになり、酵素サプリメントを使う人が増加しています。

サプリメントには様々な成分が使われていますが、酵素サプリメントを使う人が多いのは、どういった理由からでしょう。

実は、酵素サプリメントだけの利用では、酵素不足を補うことはできません。

何故なら、酵素サプリメントには酵素は含まれていないからです。

これは意外というか驚きの事実ではありませんか。

一般的には、名称のついた栄養素がサプリメントに入っているものですが、酵素サプリメントは、酵素は入っていないけれども酵素サプリメントという商品名がついているのです。

仮に酵素が含まれていたとしても、体の外から取り入れた酵素は体内で吸収されることはないのです。

人体に存在している酵素が増えるように、植物発酵エキスが使われているのが、酵素サプリメントの正体です。

体の中にもともとある酵素の働きを助ける作用が植物発酵エキスにはありますので、体内の酵素を元気にしてくれるために摂取しています。

体内生成酵素とは、代謝酵素と消化酵素のことをいい、これらの酵素は、最初から体内に存在しているものではありません。

必要に応じて、代謝酵素と消化酵素のどちらかの酵素が生成される仕組みになっていて、基本的には消化酵素が優先されます。

そのため、栄養の偏りが大きい食事を続けていると、だんだんと代謝酵素の生成量が少なくなってしまいます。

酵素サプリメントを摂取するということは、消化酵素の働きをよくし、その結果として代謝酵素が生成されるように手助けするということなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク