栄養補助食品と健康食品について

最近は、栄養補助食品を利用しているという人が少なくありません。

栄養補助食品とはいったいどのようなものなのでしょうか。

栄養補助食品とは、毎日の食事のみでは健康維持のために不足しているような栄養を、効率的に摂取するものです。

さらに人間がもともと持っている自然治癒力を向上させ、免疫力をアップし病気の予防や改善を手助けすることを目的としています。

ビタミン、ミネラル、その他の栄養素の3つに、栄養補助食品の種類は分けられています。

最初のうちは、栄養補助食品は、機能性食品と名付けられていました。

特定保健用食品という名前になったのは1991年であり、ビタミンとミネラルに制限されたのが2000年です。

2001年には、数多く存在する健康食品の中から消費者にとって安全なものを選択する手助けとして、保険機能食品制度がスタートし、健康補助食品も今の形になったといいます。

栄養補助食品の外観は剤型であり、濃縮栄養素が1種類以上含有されています。

食事のみでは欠乏しやすい栄養成分を、手軽に体内に取り入れるために用いられるものです。

剤型というのはカプセル、錠剤、粉末個包装紙、液状アンプル、液体型容器のことです。

栄養補助食品は国毎に定義が明確ですので、一定の品質が保証されているという点では、とても使いやすいものです。

いわゆる健康食品と、栄養補助食品は、定義の上で全く違うものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク