コレステロール値を下げるために普段の食事に気を使いましょう

高くなりつつあるコレステロールを気にかけて、毎日の生活を見直すことでコレステロールを減らす方法はないものかと、思い悩んでいる人は意外と多いようです。

サプリメントを摂取したり、コレストロールを下げる薬を飲むなどの方法で、体調管理をしている人もいます。

医療機関や、コレステロールを利用することなく、コレステロールを下げたい時には、どういったことが有効でしょう。

コレステロール値を下げるためには、どのように食事をすれば良いのか、ご紹介していきます。

コレステロールが多い要注意食材をチェックして、食事を摂るときに摂りすぎないように心がけましょう。

魚卵や、鶏卵は特にコレステロールが豊富ですので、料理に取り入れる時はほどほどにします。

食事の内容を決める時には、コレステロールを下げる食べ物をこまめに使うようにします。

血液中の悪玉コレステロールを減らす作用がある食材としては、イワシ、サンマ、アジなどの背の青い魚が代表格だと言われています。

コレステロールを減らすためには、青魚にあるドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸を摂取するといいでしょう。

食物繊維やビタミンEを摂ることも、コレステロール値を下げる助けとなってくれます。

野菜や、海草など、低カロリーで食物繊維の多い食材を多く食べるようにして、糖質や、脂質の多い食材は減らし、晩酌の頻度を減らします。

健康にいい食事を意識して、体に必要な栄養をバランよく摂取することを目指すといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク