減量したい時には体重だけでなく痩せる体づくりを

健康や美容にいい減量をするには、時間をかけて気長に努力を続けることです。

ダイエットを始めた直後は、比較的簡単に体重を減らすことができます。

しかし、ほどなくして、減量のペースは鈍化してダイエットが難しくなります。

停滞期に差し掛かった時に、ダイエットをどのように続けるかが、減量を成功させるか、挫折させるかの分岐点になると言われています。

減量をして健康増進をはかりたいという時でも、ダイエットのやり過ぎで具合を悪くしてしまうことがあります。

体にダメージを与えずに体重を減らすには、多少時間がかかっても、緩やかな減量になるように心がけることです。

ダイエット中は、毎日努力を続けているつもりでも、体重が少しだけ増えるという場合もあります。

いつも同じ時間に体重を量ることで、体の状態をチェックしやすくなりますが、結果を気に病みすぎないようにしましょう。

ダイエットをしている時には、リバウンドや停滞期はつきものですので、気長に取り組むことが結果につながります。

少しくらい体重が増えても問題はないものと考えて、気にしすぎないことが重要になります。

体重が減ることを第一に考えるのではなく、健康面に配慮した、身体に無理のかからないダイエットをするようにしましょう。

体が必要としている栄養を確保するためには、食事の制限をやりすぎない必要があります。

健康にいい減量をするには、カロリーは体が必要としている量を摂った上で、運動をして筋肉を鍛えて痩せることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク