健康維持に不可欠なEPAをサプリメントで積極的に摂取する

エイコサペンタエン酸はEPAと呼ばれており、人体では生成できない成分で、背中の青いイワシやサバなどの魚介類から摂取できます。

オメガ3脂肪酸であるEPAは、必須脂肪酸の一つで、DHAと同じように、人間の体には重要な役割を担っている栄養成分です。

EPAのサプリメントがたくさん販売されている背景には、EPAが健康のために欠かせない栄養素であるという事実があります。

でも毎食青魚を食べるのは大変ですし、ただ食べただけでは体内で酸化されてしまいがちです。

EPAを効率的に体内に取り入れるためには、サプリメントを上手に使うことが効果があります。

もしも、サプリメントでEPAを取り入れることで、食事からのEPA不足を補いたい時、気をつけることは何でしょう。

EPAを摂取することは、血中脂質を調整する効果があることが、関心を集めています。

悪玉コレステロールが増える原因に、中性脂肪があります。

血液中の中性脂肪が多いと、動脈硬化や、心筋梗塞などのトラブルを起こしやすくなります。

中性脂肪が高くなり始めていることが健康診断などでわかったら、食事に青魚を増やしたり、EPAのサプリメントを使うなどの対策をするといいでしょう。

血液がサラサラとスムーズに流れることで、持久力が高くなり、スポーツをしている時の炎症物質の発生を抑制することから、EPAはアスリートにもお勧めのサプリメントです。

ドライアイの症状を緩和するために、EPAのサプリメントを摂取しているという人もいるようです。

健康な体でいたいと思うなら、EPAを含む食事やサプリメントを活用し、血液のサラサラ効果を活かしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク