リバウンドのメカニズムを知ってダイエットをすれば誰でも痩せる

苦労してダイエットを行なってもリバウンドしてしまうのは、身体のホメオスタシスという体の機能が原因となっています。

ホメオスタシスは体内に少ししかエネルギーが入っていない状態になったときに、それでも身体を維持するためにエネルギー消費を減少させる現象です。

ホメオスタシスがあることで、過酷な環境に置かれることになっても、代謝を下げたり、体温を維持したりして、生存しやすい体をつくることができます。

ダイエットを妨げる要因ですが、ホメオスタシスそのものは人体に必須のものです。

ダイエットを成功させるためには、リバウンドのメカニズムを知っておくことで、スムーズに痩せられるようにしましょう。

今までと同様のダイエットをしているのに体重の減りがゆっくりになった場合、ホメオスタシスが機能し始めて停滞期が始まった可能性があります。

体重が減らないからとダイエットをあきらめて、普段の食事量に戻してしまうと、ホメオスタシスは継続しているので余分な脂肪が蓄積されてしまうのです。

食事は以前と同じで何ら変わらないのに、ダイエット前よりも体重が増えるようになってしまいます。

ダイエットにリバウンドが発生するのは、このようなメカニズムです。

体重を効率的に減らすには、ホメオスタシスが活発に機能している停滞期でも、ダイエットを中断したりしないことです。

なかなか体重が変わらないので、ダイエットを続けることも苦痛かもしれませんが、いずれは停滞期も終わります。

ダイエットを続けているときに、停滞期に入ってしまった場合でも、また体重が減り始める日が来るからと、構わずダイエットをすることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク