健康のためには標準体重の維持を

健康増進を目指すには、体重をしっかりコントロールして、標準体重の範囲内におさめておくことが、重要なポイントです。

標準体重を維持することにより、健康な体でいられるので、病気の発生率を減らすことが出来るのです。

毎日の食事内容や、生活習慣、運動の習慣が標準体重を保つ上では重要です。

標準体重であることと、死亡率との間には相関関係があるそうです。

肥満傾向の人が標準体重を目指して、ダイエットをする場合があると思いますが、過度なダイエットはおすすめできません。

標準体重をキープすることは重要ですが、標準体重よりも痩せているから安心かといえば、痩せすぎも体によくないので用心の必要があります。

血圧が高くなりすぎたり、高脂血症になったりといった生活習慣病のトラブルは、肥満体型のまま対策を立てずにいると発生しやすいものです。

肥満体型とは逆に、痩せすぎの人も、健康によくない影響があらわれがちです。

病気になりやすくなったり、貧血症状で出ることがあります。

標準体重は身長から求めるものですが、年齢によって数値は異なります。

今のところ、様々なところから標準体重についての計算の仕方は提示されており、一つに統合されているわけではありません。

大切なのは、基準をする標準体重を決めて、常日頃から自分の体重を管理することです。

芸能人やモデルのような引き締まったプロポーションになりたくてダイエットをする女性も多いですが、ダイエットのしすぎはよくないこともあります。

健康的な体型でいるためには、標準体重を目指してのダイエットぐらいがちょうどよく、やり過ぎないことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク