運動で痩せる方法について

肥満体型は外観を損なうだけでなく、免疫力を低下させ、病気にかかりやすくします。

痩せることで肥満ではなくなることが、健康な体づくりにも、効果があるといいます。

運動量を増やしてカロリー消費量を多くし、食事量を見直して摂取カロリーを適正にすることが、肥満改善の基本です。

ウォーキングや、ジョギングなどの有酸素運動は、体内に蓄積されている体脂肪を酸素と結びつけて燃焼させる効果があると言われています。

ウォーキングやジョギングによる運動の痩せる効果を更に上げるためには、筋力をアップさせるトレーニングを平行して行う必要があります。

効率のいいダイエットをしたいなら、筋トレによって体に筋肉を増やし、基礎代謝量を増やしましょう。

筋トレには、無酸素運動がいいと言われています。

瞬発力を要する運動で、短距離走や、重量挙げがこれに該当します。

成長ホルモンは、無酸素運動によってより活発になります。

そうなると、血中の脂質がエネルギーとして代謝されやすくなります。

脂肪が燃えやすい体にした状態で、ウォーキングや、ジョギング、サイクリングといった有酸素運動を行えば、より効果的に体脂肪を燃やしていくことが可能です。

有酸素運動をする時に、無酸素運動をしておいて、体脂肪の燃焼率をアップさせるという仕組みです。

普段あまり運動をしない人が突然、ウォーキングやジョギングをやり始めても効率が悪いので、正しい方法を行うようにしましょう。

効率的に痩せるためには、まず、体脂肪をエネルギーに変えて消費する体内の機能とは、どういうものかを知るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク