リバウンドの対策に役立つ食事内容について

リバウンドが起きると、努力をしてダイエットをしても意味がありません。

ダイエットを成功させるためには、リバウンドが発生しないようにすることです。

リバウンドが起きやすいダイエットとは、食事量を減らしすぎたり、激しい運動を続けるようなダイエット方法です。

人間の体にはホメオスタシスという機能が備わっており、カロリー摂取量が急に減ると、生命の危機と判断した体は代謝を低下させます。

食事制限中にホメオスタシスが作用すると、体内にできるだけたくさん脂肪を溜め込んでおこうと、体は動き始めるのです。

ダイエットによって体がこの状態になってしまうと、いくら摂取カロリーを制限した所で、ほとんどダイエット効果が出なくなってしまいます。

新陳代謝のいい状態を維持するには、栄養補給をしっかり行っていることが大事ですが、体に必要な栄養が足りないとリバウンドが起きやすくなります。

段階的に食事の量を減らし、ゆっくりめのペースでダイエットをしていれば、ホメオスタシスが反応する心配はありません。

ダイエットに取り組む時は、体への負荷が大きいような方法ではなく、少しずつ体重を減らしていけるようなやり方が効果を発揮するものです。

リバウンドが起きるのは、短い期間で急に体重が落ち、ホメオスタシスが働いた場合です。

体温や、体重など、常に同じ状態であることが望ましいものを維持するものがホメオスタシスです。

食事内容を変えて、急激に体脂肪を減らすのではなく、緩やかに減らすことで、ホメオスタシス効果を働かせずに、体脂肪を減らすことができます。

ホメオスタシスが機能するかどうかは、1カ月に体重の5%以上が減るかどうかだと言われています。

ダイエットをする時は、急な減量にならないように注意することが重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク