ダイエットを断食で成功させるならリバウンドに注意

断食によるダイエットは効果のある方法として人気ですが、実践する際には注意すべき点があります。

一時的に体重が減っても、その後増えては意味がありませんので、リバウンド予防が重要になります。

ただ固形物を食べないことが断食ダイエットではありません。

痩身目的での断食の場合、プランの組み方を重視したいものです。

断食についてよく知らない状態で、急に食事をなくすのは健康への悪影響が大きくなりますので、体のためにはいい方法とはいえません。

体に負担をかけすぎないためには、絶食でのダイエットではなく、カロリー制限や、置き換えダイエットなどがおすすめです。

1日一食をダイエット用の食事にする置き換えダイエットの場合、効率を上げるために1日二食を置き換えることも可能です。

断食をする時に注意をしたいのは、タンパク質が不足するとリバウンドすることです。

筋肉が減ると低代謝の体になり脂肪がつきやすくなりますが、筋肉はたんぱく質でできています。

脂質を多く食べる一方で、たんぱく質をあまり食べていないと、肥満の可能性が上がります。

一品置き換えダイエットでは野菜に置き換える方法が定番ですが、野菜だけではたんぱく質が不足します。

たんぱく質と水がなければ、人間の体は筋肉や臓器を作り出せません。

肉を減らす場合は、豆腐や魚介類でたんぱく質を補充するようにしましょう。

ダイエット後にリバウンドをしては意味がありませんので、健康的な食事や、生活習慣の構築で、体重を少しずつ減らすようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク