停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには

ダイエットを成功させるには、停滞期を乗り越えるだけの努力と強い意志が必要となります。

ダイエットをしているのに効果が出ないという停滞期中に、やる気を失ってダイエットの停滞期には、食事の内容に気を配ることがとても大切です。

カロリー制限をし、運動不足を解消し、ある程度体重が減り始めると、いくら運動をしても、食事量を減らしても、体重が減らない停滞期に入ります。

停滞期になるのは、いきなりの体重減少に警戒した体が、一時的に対抗策をとるためです。

本来人間の体は緊急事態に備えて食べ物を摂取できない状況が続いた時に、食事からのエネルギー吸収を通常時よりも高めて体に出来るだけ蓄えようとします。

この体を守ろうとする本能的な作用が、ダイエット時に体重が減少することで、体が反応して停滞期をもたらします。

食事量を見直し、運動をして、ダイエットをしていても、停滞期になって成果が上がらなくなると、モチベーションも低下します。

ダイエットを行う上でこの停滞期を乗り越えるということは非常に重要なポイントです。

停滞期になったら、体が必要としている食事を、きちんと食べるよう心がけましょう。

なかなか体重が減らないからと、絶食に近いような食事の減らし方をしたり、運動量を増やすことはよくありません。

栄養バランスの整った食事を規則正しく食べて、今まで通りの運動を行えば必ずまた体重が減り出す時が来るといいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク