短期間ダイエットに有効的な運動とは

短期間でダイエットをする為には、消費カロリーを出来る限り増やす必要があります。

カロリーを盛んに使うには運動がいいと言われていますが、運動の内容によっても、カロリー消費量は違います。

ここでポイントとなるのは、無酸素運動の時には糖質が消費され、有酸素運動をする時には脂質が消費されることです。

この場合、ダイエットを成功させたいならば、適度な無酸素運動を行うことで、脂質の消費量をふやします。

ダイエットを短期間で実践する必要がある人は、体脂肪のもとである脂質を消費するような運動をすることです。

短期間でダイエットするには、有酸素運動によって脂肪が消費されることを意識することが大切です。

このようにダイエットには有酸素運動を取り入れることが重要ですが、筋トレと有酸素運動の組み合わせによって、より効果が上がります。

実際に行う時には、最初に筋トレをして、体が温まってから軽いジョギングをします。

筋トレを行うことで糖質が燃焼されて、成長ホルモンの分泌を促す効果があり、成長ホルモンは脂肪をエネルギーとして使用しやすくします。

ジョギングは、適度な運動を長時間続けるタイプのものなので、糖質を燃焼させるような、短時間の無酸素運動とは違います。

ジョギング前に筋トレを行い、体を温めて体脂肪が燃焼しやすいコンディションを整えた上で、満を持してジョギング運動をスタートさせると効果的です。

このダイエット方法であれば、体脂肪の減少につながり、ダイエットに役立ってくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク